仕事終わりでも通える銀座の英会話スクール|外国人と流暢に話そう

女の人

発音でリスニング力アップ

英語

英語の勉強方法を調べたときに、発音は勉強しなくてもいいという記事を目にすることがあります。発音だけが良くても、話す内容がかたことだったり意味不明な言葉の並べ方だったりすると相手に伝えることができません。また、発音が悪くてもしっかりと自分の言いたいことを伝えることができる人もいます。しかし、自分が発音できないものを聞き取ることができるでしょうか。例えば、ギターを弾くことができない人は曲を聴いていても、曲のどの部分でギターを演奏されているのか分からないはずです。それと同じことが英語を聞き取るときにも言えます。なので、流暢とまではいかずとも多少なりとも発音の勉強をするべきです。また、発音の勉強をすることでメリットがあります。
まず、前述していますが、相手が喋った英語を聞き取ることができるようになるのでリスニング力が上がります。例えば、sとthの発音です。発音が違うだけで、全く別の意味で聞き取ってしまうことがあります。この聞き分けが出来ればどのようなことを言っているか理解できるようになるはずです。また、ネイティブのような発音ができるようになると、口に出したくなります。徐々に発音ができるようになると、自然と喋ることが多くなり上達も早くなるはずです。さらに、発音が良くなると、相手に自分の伝えたいことを理解してもらえるようになります。発音が悪いと、相手に聞き取ってもらうことが難しいですし、会話していても何度も聞き直されてしまう可能性があります。なので、英語を勉強するときには発音の勉強もしましょう。